生活・衣食住

食器洗い用スポンジの底値を探る

日用品の底値を把握しておくことは、生活費を抑える上で重要ですので、自宅近く(東京都内)の小売店舗での底値を、商品ごとに把握してみようと思います。

今回は、食器洗い用のスポンジです。

よくある、安いタイプのスポンジです。底値はどれぐらいか?

・・・安いやつです。

いつも100円ぐらいで買っている気がします。2つで100円?3つで100円?5つで100円?ぐらいでしょうか。

近所のドラッグストアや100均で底値を調べてみました。

調べて比較した6商品

私の近所では、以下の6商品が見つかりました。

  • 商品A:98円(税抜)
  • 商品B:98円(税抜)
  • 商品C:98円(税抜)
  • 商品D:100円(税抜)
  • 商品E:110円(税抜)
  • 商品F:98円(税抜)
スポンジA、98円(税抜)
スポンジB、98円(税抜)
スポンジC、98円(税抜)
値札無し=100均(ダイソーです)=100円(税抜)
スポンジE、110円(税抜)
スポンジF、98円(税抜)

値段はほぼ100円で差異無し?

予想どおり、どこの店舗にいってもほぼ税抜き98円、1つだけ110円がありました。

ただし、100均のパイオニア、ダイソーだけはちょっと違いました。

ダイソーは、8個で100円!

他の店舗が全て5個入りセットで約100円だったのに対し、ダイソーはなんと8個入りで100円!

ダイソーだけは100円で8個!

結論:どれでも・・・いいかな

ことスポンジに関しては、どれでもいいかな、というのが正直な感想です。
 ダイソーは8個100円なので1個12.5円。
 それ以外は5個100円なので1個20円。
1つのスポンジがどれぐらいでボロボロになるかと言えば、私の場合早くても数ヶ月は掛かるので、年間の費用も数十円といったものだと思います。

補足:固いところと柔らかいところの違い

結局私が選んだのは、98円商品Fですが、特に理由はありません。

商品F、こちらを選びました。

ただ、商品パッケージの裏面をみたときに、このタイプのスポンジの両面の素材・使い方について説明があり、気づきがありました。

素材は、ポリウレタンスポンジとポリエステル不織布

固いところと柔らかいところは素材と用途が違います。

これによると、
 柔らかい方:ポリウレタンスポンジ
 固い方:ポリエステル不織布(研磨剤入)
とあります。不織布は「ふしょくふ」と読みます。

フッ素樹脂加工フライパンには要注意!

注意しなければいけないな、と思ったのは、固いポリエステル不織布の方には研磨剤が入っていて、用途は「鍋・フライパン等の製品」とあるのですが「※フッ素樹脂加工品に使用できません」とあります。

鉄のフライパンなら問題ないですが、表面に加工されているフライパンにゴシゴシやってしまうと、フッ素樹脂加工を傷つけてしまうことになるようです。

ここは注意ポイントですね。金たわしではゴシゴシやってしまうのがNGなのは分かりますが、このスポンジタイプでも固い方ではNGということを知りました・・・今後気をつけねば!

-生活・衣食住
-

Copyright© わさびと.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.