IT

kintoneの開発者ライセンスを試してみる

kintoneを最近利用する機会があり、とても便利なクラウドサービスだと感じています。

JavaScriptを使ったりすることもできるようで、勉強してみようと調べてみると「kintone開発者ライセンス(開発環境)」というのをもらえるようですので、申し込みしてみました。

まず(1)のcybozu developer networkのメンバー登録を行って、次に(2)のボタンから申し込みました。

すると以下のようにメールが届いて、kintoneへのアクセスURL、ログイン名、パスワードが送られてきました。
ドメインの管理も「サイボウズドットコムストア」から行えるようです。
ユーザーも5ユーザー使えるようで、複数ユーザーを想定したアプリ開発もできるようになっている模様。

さらに期間限定なのかと思いきや、
「ライセンスの終了日はお申し込み日から1年後の月末」だけど、自分から開発者ライセンス終了しますと通知しない限り、
「サービス提供機関の終了日からさらに1年間開発者ライセンスが更新されます。」
とあります。
つまり、合計約2年間は開発者ライセンスを更新できる、と読み取れますので、かなりありがたい仕組みですね。

実際にログインして契約状況を見てみると、以下のようにユーザー数の上限は5になっていて、利用中は1(自分)になっています。

kintoneのポータルに移動すると、まっさらな初期状態のポータルが!
最初はこのような見え方になるんですね。

簡単にkintoneの開発環境を用意してもらえてとても便利です。
少しずつ勉強していこうと思います。

-IT
-

Copyright© わさびと.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.