IT 海外ビジネス 経済・経営

過去の為替レート(ドル円相場など)の調べ方とグラフの作り方

1971年まで、1ドルは360円の固定相場制でしたが、その後変動相場制になり、1985年のプラザ合意で一気に1ドル250円ほどだったところから円高が進みました。

1985年あたりで一気に円高が進んでいます、これがプラザ合意ですね

上の図では、左側に並んでいる数字を元に右側のグラフを作っています。

この数値データの取得が簡単にできることが分かりましたので、手順をご紹介したいと思います。

海外のサイトからデータをダウンロードする

便利なサイトがあり、こちらからダウンロードすることができます(2019年11月時点)。

DATABASE RETRIEVAL SYSTEM

The University of British Colombia Sauder School of Business PACIFIC Exchange Rate Service より

サイトを開くと、以下のような画面が表示されます。

検索条件を指定して出力します

1.通貨のペアを選択する

まず通貨を選びます。いろいろな通貨が選べますので、今回はドル(U.S. Dollars)と円(Japanese Yen)を選びます。

上側はU.S. Dollars、下側はJapanese Yenを選びます。

2.期間を選択する

まずは「Choose Time Horizon」ですが、
・Exact Time Period(期間を個別に指定する)
・Last Trading Day(前日)
・Last 7 Days(直近7日間)
・Last 28 Days(直近28日間)
の4種類が選べます。どうもトレーダーが使うツールのようですね。
ここではデフォルト(初期表示)の「Exact Time Period」を選択します。

デフォルトのExact Time PeriodでOKです。

次に「Start Date」(開始日)と「End Date」(終了日)を設定します。今回は1971年から最新まで欲しいので、Start Dateの年のところだけを1971に設定するだけでよいです。(あとはデフォルトのままで問題なし)

このように設定します。End Dateはデフォルトで2019年12月31日が入っていたので、このままでよく、勝手に出力日までのデータを出してくれるようになっています。

次に、データの粒度を選びます。以下3種類があります。
 ・daily (max. 4 years):日別。4年までのようです。
 ・weekly (max. 4 years):週別。これも4年までのようです。
 ・monthly averages:月別。
今回は1971年から出力したいので、一番下の「monthly averages」を選びます。

次に、Notationというところです。
 ・Volume Notation
 ・Price Notation

の2つが選べます。「Volume Notation」のままでOKです。

「Volume Notation」を選んだ場合は、以下のように出力されます。
 MMM YYYY JPY/USD
 Jan 1971  358.023
 Feb 1971  357.540
 Mar 1971  357.517

「Price Notation」を選んだ場合は、以下のように出力されます。
 MMM YYYY USD/JPY
 Jan 1971  0.0027931
 Feb 1971  0.0027969
 Mar 1971   0.0027971

3.出力方法してExcelに貼り付ける

あとは、出力方法の選択です。
いくつかのやり方があると思うので、試していただければと思いますが、私は以下の手順で出力して、Excelに貼り付けました。

(1)下のように「Microsoft Excel」を選択します。Table Transpositionはデフォルトの「default」のままです。

Table Styleで、Microsoft Excelを選択します。

(2)「Retrieve Data」をクリックします。するとfxdata.xlsというファイルがダウンロードされます。

Microsoft Edgeでは問題なくダウンロードできました。
Google Chromeでは、拡張子なしのファイルが出てしまうので、ちょっと工夫が必要でした(.txtファイルとして開いて、Excelへコピー&ペーストしました)

(3)fxdata.xlsファイルを開きます。

(4)あとは、データのところをすべて選んで(A3からB589まで)、[挿入] > [2-D折れ線] > [折れ線]グラフを選びます。

(5)これで、1971年から2019年までの1か月ごとのドル円為替レートの推移が折れ線グラフで表示できました。

こんな感じで、あっさりグラフがつくれちゃいます。

ということで、意外と簡単にデータをダウンロードしてExcelでグラフにするところまでできました。

ファイル名が「fxdata.xls」というあたり、FXのトレーダー向けに使われているような機能なのかもしれませんね。

便利なサイトのご紹介でした。

-IT, 海外ビジネス, 経済・経営
-

Copyright© わさびと.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.